忍者ブログ
日頃の日記、メモ書き、独り言など。
2017/10/17 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/12/02 (Wed)


NHKの「坂の上の雲」でのお話。

質素を常とした生活をしていた秋山好古(阿部寛)は家に茶碗を1つしか置かなかったと言う。

弟の真之(本木雅弘)が東京に上京し好古の家に居候した際も、食事の時には好古が茶碗で酒を飲んでカラになった茶碗を真之に渡し、真之はそれでご飯を食べるなんてシーンが。

ご飯が入ってるお櫃のフタとか、おかず(漬物?小魚?)がのってる皿とか使えばいいじゃん。っていうツッコミはさておき、このドラマの中では一番印象的なシーンになっている。


その理由というか信念が、、、

「男子たるもの身辺は単純明快にすべし」

なのである。


このモノがありふれている時代だからこそ印象に残ったのかも知れないが、私も見習いたいものである。

もちろん、茶碗1つで食事することじゃなくて、「単純明快」を心がけたいというこです。
 

PR
Comment
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
7  6  5  4  2  3 
各種検索



ブログ内検索
フリーエリア
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
記事関連広告
最新コメント
最新トラックバック
リンク
プロフィール
名前:munchkin
性別:おす
管理 / 新規
忍者ブログ [PR]